Taking pictures while travelling places

心療内科ってどんなところ?選び方や治療の内容は?


心療内科とはどんなところ?

心療内科というと、心に不調のあるときに行くのかな?というイメージがありますよね。はっきり症状を自覚しやすい病気に比べると曖昧であるため、心療内科自体、あまりよく分からない場合もあります。実際、心療内科とはどんなところなのでしょうか。
心療内科に似たイメージを持つものとして精神科があげられます。明確な区別がなく共通点も多いですが、簡単にいえば、精神科は、うつ病や統合失調症などの病気の治療が主体で、心療内科は心理的な要因が身体に症状を引き起こすような心身症に対して治療を行います。精神科と心療内科が併設されている場合も多く、昔に比べると、心療内科が身近な存在になっているといえるでしょう。

心療内科はどうやって選ぶの?心療内科の治療とは?

心療内科を受診するに至った患者の症状はさまざまで、心理的要因が絡んでいるということもあり、必要となる治療も個別性の高いものになります。そのため、まず患者である自分自身が、担当の医師や看護師などに症状や思いを伝えたり、理解してもらえていると実感したりすることが大切です。患者の心が治療の要となる疾患だけに、「話しやすい」ということは、心療内科を選ぶ際にとても重要なポイントとなるでしょう。他には治療の方法が選択できることや、継続的に通いやすいこと、患者のサポート体制が充実していることなども大切です。

心療内科で行われる治療は、カウンセリングをはじめ、ものごとへの考え方、認知にアプローチし感情や行動をコントロールする認知行動療法、生活指導などさまざまなものがあります。また、抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法も行われており、心理的要因が引き起こす身体症状にもアプローチしていきます。

心療内科を新宿で探すときは、ホームページや実際に通院している人の口コミを確認することが大切です。信頼関係を築くことができる病院を見つけることは、体調を回復させるためのポイントです。